2014年10月11日

電気つけっぱなしで寝るとやばい?

夜寝る時に電気をつけっぱなし・・ってありませんか?
うちはよくあります。

大抵ダンナの方が遅くまで起きてて何かやってるので
電気ついてるうちに先に寝ちゃうことが多いのですが
うちのダンナ、電気もテレビも消さないまま寝ちゃってることがしばしば・・
夜中に私が目を覚ました時に消してるってことが多いです。

で、今日たまたま見つけた記事によると
電気をつけっぱなしの明るい部屋で寝ていると
いろいろ健康に害を及ぼす恐れがあるとのこと。

1つ目は乳がんのリスクが高まること。
人工的な照明に長く当たっている女性は乳がんになりやすいんだとか・・・
寝るときは暗くして寝た方が乳がんリスクは減るそうです。

2つ目はうつ病にかかるリスクが高まること。
統計調査によると、うつ病にかかっている人の寝室は人工照明が明るい傾向があるとのこと。
夜に人工の照明を浴びると生体リズムも乱れがちになるそうです。

3つ目は肥満リスクが高まること。
明るい部屋で寝ている人の方が、暗い部屋で寝る人よりBMI値が高い傾向にあり
夜間照明の豆電球でも肥満リスクは高まるんだそうです。

明るくても暗くてもどこでも寝られるずぶとい神経なので
つけっぱ電気くらいで身体が影響を受けるほどデリケートじゃないと思うのですが
一応心にとめて、節電のためにも、夜は電気早めに消すようにしようって思いました。

posted by gon at 22:55 | TrackBack(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
プロバイダキャンペーン情報